薄毛対策!育毛方法とは

日本現在男性は30代で10人に1人。60代では2人に1人が「薄毛」に悩んでいます。女性でも薄毛の悩みが急増中、今や20代~30代の内約600万人が悩んでいると言われます。今回は薄毛、育毛方法についての情報をまとめてみました。

まず薄毛の原因は、人によって様々です。男性の場合は主に加齢現象・男性ホルモン・ストレス・副腎皮質ホルモンの減少などが挙げられます。いくつかの原因が重なって薄毛の症状が見られる場合もあります。女性の場合は、ホルモンバランスの変化による脱毛も多いので、その度合いや進行速度も個人個人で違います。

薄毛対策は、最近は医療が進歩し、個人でできるレベルから医学的な治療法など様々です。有名なのは、CMなどでよく宣伝されているシャンプーや育毛剤です。

実際に育毛剤は薄毛の原因によって、主に男性ホルモン抑制タイプ、血行促進タイプ、栄養補給タイプ、皮脂分泌抑制タイプ、頭皮保湿タイプなど5つの種類に分けられています。それぞれ違う効果を持っています。自分の頭皮や髪の毛の症状を考えて、自分に最も合う育毛剤を比較してから、自分の症状や原因にあったものを購入するほうがオススメです。

男性ホルモン抑制タイプ

男性の薄毛のほとんどが男性型脱毛症(AGA)です。この症状は男性ホルモンの影響が大きな原因とされています。このタイプの育毛剤に含まれる代表的な成分が「フィナステリド」であり、フィナステリドを主成分とするプロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果的な育毛剤といえます。

血行促進タイプ

正常な発毛は健康な頭皮からおこなわれます。健康な頭皮は血液中から運ばれる栄養素によって作られています。血行促進タイプの育毛剤は頭皮を柔らかくし、毛細血管の拡張作用によって血行を良くし、発毛を促します。髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも活発になります。市販の育毛剤はほぼこのタイプの作用を少なからずもっています。

毛母細胞活性タイプ

髪の毛は毛母細胞が分裂することで成長します。髪の毛が健康的に成長するためには、亜鉛やビタミンなどの栄養素が不可欠。髪の毛が細くなっている方は、髪の毛に十分な栄養が行き渡っていないことが考えられるでしょう。。毛母細胞活性(栄養補給)タイプの育毛剤はこれらの栄養を直接頭皮に補給することで毛母細胞の分裂を活性化させ、強く健康は髪の毛を作るものです。

皮脂分泌抑制タイプ

頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。放置していれば炎症を引き起こし、脂漏性脱毛症の原因にもなります。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促すタイプの育毛剤です。

頭皮保湿タイプ

頭皮が乾燥しすぎると、フケが発生したり、細菌が繁殖し、毛穴をふさいで毛髪の成長を阻害します。。空気が乾燥する冬には特に頭皮の保湿が大切です。細菌繁殖によって毛根が炎症すると粃糠性脱毛症を起すことになります。頭皮保湿タイプは、イチョウ葉エキス・海藻エキスを配合することで頭皮の乾燥を防ぎ、正常な育毛を促すタイプの育毛剤です。

シアリス(cialis)は2003年により販売された男性勃起障害改善薬です。正規品シアリスの勃起改善効果は素晴らしいです。

レビトラ20mg4錠はバイエル社純正ドイツ製のED治療薬です。ED治療薬レビトラの効果は多くの人に認められました。

媚薬で女性の不感症を治療して大きく改善する事ができます。

★男性精力剤とは、男性の立場は、勃起不全、中折れ、早漏や精力不足、ペニス短小、セックス回数が少ない方に役に立ちます。