育毛剤について

育毛剤とは、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させるAGAの治療を目的として開発、販売されているもののことです。現在日本で、1千万以上の方が薄毛の悩みを抱えていいます。育毛剤を使用する患者も急増中、これから、育毛剤についての情報を紹介します。

育毛剤の効果は主に2つがあります。それは今生えている髪を太くすることと頭皮環境を整えることで抜け毛を防ぐ・髪の成長を促すことです。育毛剤を一言にして、実際に育毛剤はいろんな種類があります。それぞれ配合されている成分も違います。配合されている成分によって期待できる効果も変わってきます。

配合した成分は育毛剤効果の根拠となる、そして、その成分の効果によって、薄毛となる根本的な原因を見つけることも可能です。配合成分について知っておけば育毛剤の比較にも役立ちます。

育毛剤に含まれている成分は主に

毛細血管を開いて頭皮の血行を促進するカルプロニウム塩化物

生えている髪の毛の成長も促すアデノシン

TGF-βの作用を抑制するt-フラバノン

毛器官の細胞増殖を促進するセファランチン

毛母細胞の活性化にも役立つ6-ベンジルアミノプリン

毛母細胞へ発毛に必要な栄養を与えるセンブリエキス

頭皮の生まれ変わりや毛母細胞の活性化を促すナイアシンアミド

脱毛症の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制するグリチルリチン酸2k

抗炎症作用で頭皮環境を正常に保つジフェンヒドラミンHCI

育毛剤によっては類似した成分が複合していることがあります。しかし配合成分が多いほどいいというわけではありません。自分の症状を考えて、自分に合う育毛剤を選んでください。