育毛剤の副作用

育毛剤には、医薬品と医薬部外品の2つのタイプがあります。医薬部外品は、基本的に植物などの天然由来成分を配合しているため、副作用の心配はそれほどないと考えてよいでしょう。一方、医薬品は治療を目的としているため、高い効果が期待できる一方、副作用が起こる可能性もかなり高いと考えられます。育毛剤や発毛剤の副作用では、頭痛・めまい・吐き気などの体調不良があげられます。血管拡張剤のミノキシジルを含む医薬品では血圧の低下やかぶれが発症する場合もあります。また、フィナステリドという化学物質が主成分は前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、使用する過程で発毛効果があることが分かり、のちにアメリカで育毛剤として認定されました。しかし、元が前立腺肥大症の治療薬であったため、ED(勃起不全)のような症状が起こることが分かっています。副作用として、・精子の数が減少する・性欲がなくなる・出生児に障害などがあります。これから育毛剤の副作用について説明します。

育毛剤には、頭皮の血管を拡張させ血行を促し、頭皮や毛髪に栄養を送りながら、薄毛対策をすることが期待できます。 血行が良くなり、頭皮の状態が改善されていく上で、皮脂分泌も盛んになっていきます。 この活発になった皮脂が、毛穴に詰まり炎症を起こすことで、ニキビやふきでものになっていきます。 またニキビの原因とされるアクネ菌は、皮脂によって増殖していきます。 それにより、ニキビやふきでものができやすくってしまいます。 ニキビやふきでものの生成を抑えるためには、肌を清潔に保ち、不要な皮脂を肌表面に残さないことが大切になります。

また、頭皮が炎症を起こし、痒みや発疹が現れることがあります。 痒みに関しては、頭皮の血行が良くなることで痒みを伴うこともあり、掻き続けるとフケや炎症の悪化につながって行きます。 炎症が悪化すれば、当然頭皮環境も健康とは言えなくなってしまいます。 また強い成分が配合されているので、頭皮や体質に合わないものもあります。 掻くことで炎症はさらに悪化していくので、できるだけ控えるようにしましょう。 爪などで頭皮を傷つけてしまう可能性もあるので、副作用が出た際は、痒みのあるところを冷やして、緩和させるようにしましょう。