薄毛の原因

薄毛を改善する方法はたくさんありますが、より有効に治療するには、薄毛の原因を事前にしるべきです。

1、栄養不足

髪の毛を作るためには栄養が必要です。食生活が乱れてしまうと、髪の毛を作り出す毛母細胞がキチンと働かなくなってしまい、髪を生やそうにも十分な栄養がないので生やせずにドンドンやせ細ってしまい、その結果髪の毛は生えることなく抜けていってしまいます。

2、運動不足

運動の効果はまず血行を良くしますので、頭皮の血行を促進し髪に栄養が行き渡ることが期待されます。 逆に運動不足が続くと、筋肉が衰え、心臓からのスムーズな血流が妨げられて、薄毛や抜け毛につながってしまいます。また自律神経は、身体の機能を調節するバランサーの役目を果たしています。運動不足でストレスが溜まると、この自律神経の働きが悪くなり、身体をうまく調節できなくなります。

3、男性ホルモン

男性ホルモンには「テストステロン」があり、毛根周辺に存在する酵素「5αリダクターゼ」と結合することで、脱毛ホルモン「DHT(デヒドロテストステロン)」に変化してしまいます。

4、ストレス

過度なストレスが、自律神経やホルモンのバランスを崩し、毛乳頭や毛細血管の正常な働きを奪うことによって薄毛や抜け毛が進行します。なおストレスを原因とする代表的な脱毛症の症状に「円形脱毛症」があり、男性よりも女性に多いのが特徴です。

5、遺伝

両親や祖父母の中に薄毛の人がいる場合、薄毛になりやすい体質が遺伝し、薄毛になることがあると言われています。薄毛になりやすい体質は、薄毛を引き起こすと言われるさまざまな因子(生活習慣など)の影響を受けやすい体質のことです。