薄毛対策

薄毛対策として、育毛剤を使って治療、また手術を受けるなどいろんな方法がありますが。薄毛も生活習慣病の一つである、根本的、改善、予防するには、自分の今の生活を見直して、少しずつ改善しましょう。これから詳しい方法について紹介します。

まず食生活を改善することが重要です。 体が毎日の食事から作られるように、髪も当然毎日の食事から作られます。髪の主成分であるタンパク質や、タンパク質が髪になるのを助ける亜鉛、頭皮の環境を良くするビタミン群など、髪に良いとされる物をバランス良く摂るようにしましょう。バランスの良い食事で、髪や頭皮への栄養バランスを整えるのは、薄毛対策の基本となります。明日からでも意識して取り組むことのできることですので、早目の対策をおすすめいたします。

次は頭皮を清潔に保つことも大切です。ただし、シャンプーをし過ぎて頭皮の脂を落とし過ぎても良くないですし、爪を立てて頭をゴシゴシ洗っているとシャンプーの度に頭皮が傷付き薄毛になりやすくなってしまいます。シャンプーは1日1回が適当です。また、洗髪後のコンディショナーも面倒がらずに必ず行いましょう。頭皮に優しいアミノ酸系成分のシャンプーがおすすめです。

また、お酒を控え、禁煙することも、薄毛を改善できます。お酒が過ぎるとアルコールに含まれる成分の影響で、体内に必要なタンパク質が不足し、髪の毛の成長を抑制する恐れがあります。タバコは髪に良いとされるビタミンCを消費します。 ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、コラーゲンが生成されることによって丈夫な血管や頭皮が作られ、髪が抜け難くなります。タバコは血管を収縮し、血行を悪くし、抜け毛の原因となってしまいます。

ほかには、よく寝る、ストレスをためないことも薄毛の治療になります。起床時刻や就寝時刻が不規則だと自律神経の乱れから血行が悪くなり、髪に栄養を運ぶ血液の流れが悪くなります。また、髪の毛は寝ている間によく伸びるとされており、夜更かしや睡眠不足は髪の成長に良くありません。ストレスは頭皮の血行を悪くし、円形脱毛症の原因にもなります。髪の毛に限らず、あらゆる病気の原因となり得るのがストレス。適度な運動や休息、趣味、レジャーなど、自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスをためないようにしましょう。